お知らせ

2013.10.16更新

高血圧を放っておくと、心筋が太くなる心肥大になりかねません。
心肥大が進むと筋肉細胞が脆弱になり、線維質が増え、結果筋肉がしなやかさを失ってしまいます。
そうなると心臓に血液が戻り難くなり、ポンプのような収縮力が弱くなるため、心不全を起してしまうのです。

また、めまいや立ちくらみは、貧血が原因のことも多いのですが、不整脈や徐脈で、脳へ血液が届き難い状態になっている場合もあります。
不整脈にもいろいろあるのですが、心臓の心室が細かく震える状態の心室細動などである場合には、心臓突然死の原因にもなります。

身体に表れる胸の痛みやめまいなどは、なんらかの原因があって身体がサインを出しているわけです。
動悸や息切れ、胸の圧迫、めまいなどの症状がある方は、そのサインが何に由来するのかを知ることが大切です。

投稿者: 小田内科 循環器内科

お知らせ よくある質問 スタッフ募集