お知らせ

2014.07.29更新

循環器内科として西宮にお住まいの患者様を見守ることがかかりつけ医としての役割だと考えて参りました。

皆さまはご自分の血管年齢をご存じですか。
血管年齢が高いと良くないのです。
血管年齢が高いとどのような事が起こるか説明しましょう。

血管年齢が高いと動脈硬化につながります。
血管は年齢とともに老化し、弾力を失い硬くなった状態が動脈硬化です。
動脈硬化は自覚症状が殆どなく、脳卒中や心筋梗塞などの病気が起きて初めて気が付く場合も多いのです。
動脈硬化を早く見つけ、進行させないようにすることが大切です。

血管年齢が高くなりやすいのは、喫煙者、外食が多い方、運動をしない方、ストレスが多い方などが挙げられます。
定期的に健診を行い血管年齢測定をしましょう。

投稿者: 小田内科 循環器内科

お知らせ よくある質問 スタッフ募集