お知らせ

2015.01.16更新

生活習慣病であるけれど、自覚がないという方は少なくありません。
痛みや疲れやすいといった自覚症状がある場合は、
ある程度病気は進行してしまっています。
できるだけ早い段階で治療をすることが望ましいため、
まずは検査をして、生活習慣病かどうかを知ることが重要です。

生活習慣病の恐ろしい点は、
動脈硬化に繋がってしまう可能性があることです。
最悪の場合は命に関わる危険性もあるため、
早めに治療をしないといけません。
発症後には、薬物療法で治療をしていきます。
すぐに効果はありませんが、徐々に効果が出て、
最終的には薬を使用しなくても問題がないようにしていきます。
しかし、薬の使用だけでなく、
患者様自身が生活習慣の改善意識がないといけません。
不規則な生活の積み重ねが生活習慣病に繋がるので、
根本からの改善は必要不可欠です。

ご自身の生活に不安がある方は、
まずは一度兵庫県西宮市にある当院にご相談ください。
治療が必要かどうかを判断することができるとともに、
どういった部分を生活の中で改善しないといけないかを、
アドバイスすることができます。
自覚がないと当然改善もできません。

投稿者: 小田内科 循環器内科

お知らせ よくある質問 スタッフ募集